競輪ニュース

優勝候補・松浦悠士が完全優勝に王手「調整して万全の状態で迎えたい」/松山G3

<松山競輪場:金亀杯争覇戦>G3◇12R S級準決勝◇23日

人気の松浦悠士(広島)が差し切り、無傷の3連勝で決勝に駒を進めた。

S級S班の松浦に圧倒的支持が集まった最後の準決勝。早い仕掛けで稲毛健太(和歌山)が主導権を握り、レースをリード。松浦が踏み出そうとするも、山岸佳太(茨城)らに蓋をされてしまいなかなか前に出られず。最終バックストレッチで松浦が3番手から発進すると、最後の直線で先頭を捕らえて決勝に駒を進めた。

2連単は3番人気の1−3、1210円。3連単は7番人気の1−3−5、2860円という結果に。

【動画】松浦悠士が完全優勝に王手をかけた12R

完全優勝まであと一歩となった松浦は、「中団からかましについていこうと思って準備していたが、空きすぎて入られてしまったので、かなり後ろには迷惑をかけたなと。橋本(強)さんがバックにいるんだろうと思っていたが、自分の中では緩んだ感じはなくて楽ではなかった。初日、2日目のほうが(状態は)良かったですかね。戦える状態にはあるので、しっかり調整して万全の状態で迎えたい。ここまで1着でこられたので完全優勝狙えるよう精一杯頑張ります」とメッセージを送った。

記事をシェアしよう

関連ニュース