競輪ニュース

【函館競輪G2・サマーナイトフェスティバル】石井寛子が決勝進出「優勝した感じ」

<函館競輪場:サマーナイトフェスティバル>◇G2◇12R L級ガ予2◇17日

石井寛子(東京)が捲り切り、決勝進出を決めた。

初日は7着と大敗してしまったものの、女王・児玉碧衣(福岡)に人気が集まった12R。前受けとなった太田美穂(三重)が主導権を取りレースをリード。最終周回で梅川風子(東京)が発進するも太田ともがき合う展開に。最終3コーナーで石井が踏み出すと、最後の直線で梅川を捉え、勝利を飾った。

2車単は4番人気の5-6、1150円。3連単は15番人気の5-6-7、4680円という結果に。

▶動画:石井寛子が捲って決勝進出を決めた12R

捲り切った石井は、「強いメンバーが揃っているので、今日も自分のレースをしようと思った。誰が来ても飛びつこうと思っていて、昨日の反省を生かして今日は飛びつけたと思う。(昨日は)1着を取れなかった悔しさとゴール前でまったく差しに行けなかったので、そこは直していこうと思った。ずっと外を踏んでいて、4コーナーで無理かと思ったが最後の力を振り絞っていけました。(サマーナイトフェスティバルでは)ずっと悔しい想いをしていて、やっと決勝に乗れました。気分は優勝した感じ(笑)明日も気合いを入れ直して頑張ります」と意気込みを語った。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連ニュース

,