競輪ニュース

【武雄競輪・G3・大楠賞争奪戦】深谷知広が捲って今年記念初優勝「気合いで」

<武雄競輪場:大楠賞争奪戦>◇G3◇12R◇14日◇S級決勝

深谷知広(静岡)が捲り切り、今年記念初優勝を飾った。

S級S班の深谷と清水裕友(山口)が人気を二分した決勝戦。打鐘とともに人気の清水が踏み出し、主導権を握る。最終周回で志田龍星(岐阜)が捲りに出るも、抵抗されて失速。それを見て最終バックストレッチで深谷が発進すると、一気に叩き切り押し切った。

2連単は1番人気の2-8、410円。3連単は2番人気の2-8-6、1450円と人気決着に。

▶動画:深谷知広が捲って今年記念初優勝を決めた12R

人気に応えた深谷は、「(レースの作戦は)前々行く作戦だった。(連携した)根田(空史)さんなら叩き切ると思って、信頼してついて行った。(並走した場面は)かなり苦しかったが、耐えられたのでチャンスが出た。外に差してしまったので苦しいかなと思ったが、前も頑張ってくれたし後ろもついていたので必死に頑張りました。前で頑張ってくれた根田さん、後ろで固めてくれた阿部(力也)さん、大槻(寛徳)さんのおかげ」と連携した仲間に感謝した。

G1日本選手権から斡旋の間隔が詰まっていたが、「間が少ない中で調整が難しかったが、何とか気合いで乗り切った。これからも一走一走、期待に応えられるように頑張ります」とメッセージを送った。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連ニュース