競輪ニュース

【函館競輪・G3・五稜郭杯争奪戦】古性優作が捲って準決勝へ

<函館競輪場:五稜郭杯争奪戦>◇G3◇12R◇17日◇S級二次予選

古性優作(大阪)が捲って、予選突破を決めた。

S級S班の古性と連携する三谷竜生(奈良)の近畿勢に人気が集まった最後の予選競走。前受けの蕗澤鴻太郎(群馬)が主導権を握り、レースをリード。最終バックストレッチで人気の古性が発進すると、一気に叩き切り人気に応えた。

2連単は3-9、180円。3連単3-9-1、480円とともに1番人気の決着に。

▶動画:古性優作が捲って予選突破を決めた12R

人気に応えた古性は、「(ラインの)村田(雅一)さんまで決められれば、いちばん良かったのですが。(前受けの)蕗澤(鴻太郎)君がすごく掛かっていたので(仕掛ける)タイミングを逃したが、その後はしっかり行けた。とにかく(ラインで)ワンツー決まって良かった。昨日は(雨でバンクが)重たすぎて参考にならないが、今日は軽かったが、もっと(脚が)欲しい。昨日は重たかったが、みんな同じ条件なので。明日もしっかり頑張ります」と意気込みを語った。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連ニュース