競輪ニュース

【武雄競輪・G3・大楠賞争奪戦】山田英明が差して準決勝へ「良くなっている」

<武雄競輪場:大楠賞争奪戦>◇G3◇12R◇12日◇S級二次予選

地元・山田英明(佐賀)が差し切り、予選突破を決めた。

S級S班の清水裕友(山口)と連携する山田の西日本勢に人気が集まった最後の予選競走。早い仕掛けで齋木翔多(静岡)が主導権を握り、レースをリード。最終周回で人気の清水が踏み出すと、伊東翔貴(福島)のけん制を乗り越えて先頭へ。ゴール前、清水のスピードに乗った山田が差し切った。

西日本勢がワンツーを決めたことで、2連単は2番人気の7-5、260円。3連単は4番人気の7-5-2、1550円と人気決着に。

▶動画:山田英明が差して予選突破を決めた12R

地元ファンの期待に応えた山田は、「(連携した清水裕友が)力で押し切るレースだと思っていたので、あとは自分がどれだけ対応できるかと思っていた。(伊東翔貴が抵抗してきたが)清水選手が押し切ると思っていたので、不安もなくその通りになった。(差せたのは)たまたま。(清水が)脚を使っていたんでしょうね」とレースを振り返った。

また、「自分的には前回(G1日本選手権)より(脚の仕上がりは)良くなっていると思う。まずは決勝に乗れるように、明日も決勝戦目指して頑張ります」と意気込みを語った。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連ニュース