競輪ニュース

佐藤慎太郎が5年半ぶり記念優勝でグランプリ出場圏内へ「お客さんの声援のおかげ」

四日市競輪場:泗水杯争奪戦>G3◇12R S級決勝◇8日

佐藤慎太郎(福島)が平原康多(埼玉)のスピードに乗って差し切り、5年半ぶりの記念優勝を果たした。

打鐘とともに宿口陽一(埼玉)が後方から踏み出し、人気の東日本勢が主導権を握る形に。最終2コーナーで地元のエース・浅井康太(三重)が捲りに出ると、その動きに合わせて平原がブロックしながら番手から発進。平原とのもがき合いで浅井が失速するも、今度は地元の坂口晃輔(三重)が内からすくって先頭に迫る。しかし平原のマークにつけていた佐藤坂口をけん制しながらゴール前で差し切り、今年初Vを飾った。

人気の東日本勢がワンツーを決めたことで2車単は2番人気の1-3、640円。3連単は24番人気の1-3-5、7020円という結果に。

【動画】佐藤慎太郎が差し切って今年初Vを飾った12R

久しぶりの記念優勝となった佐藤は、「今日は自分の力というより、宿口(陽一)と平原(康多)が頑張ってくれたおかげ。地区が違うけど、“これでグランプリ(出場)が見えましたね”と平原がゴール後に言ってくれたりして、泣きそうです」と泣き真似をして笑わせた。

今回の優勝でKEIRINグランプリ出場もほぼ確実となったが、「結果として賞金を上積みできて良かったが、何よりお客さんの期待に応えられて本当に嬉しい。(連携した2人が)前から攻めたいと言うので、スタートは取りに行きました。(浅井康太の攻めは)気になったが、宿口が良いスピードでかましてくれた。良いレースでした。(浅井の)スピードが凄かったので行かれちゃうかなと思ったが、平原くんが素晴らしかったです。(脚の)状態はずっと良い。今回は特に良かった。お客さんの声援のおかげです。次の(G1)競輪祭はもちろん、1レース1レース全力で頑張ります」と応援してくれたファンに感謝した。

参考データ

KEIRINグランプリ2020 特設サイト
ウィンチケット 競輪
四日市競輪 データ
四日市競輪 ライブ
四日市競輪 結果
四日市競輪 出走表 データ
四日市競輪 オッズ データ
四日市競輪 予想 データ
四日市競輪 開催日程

ウィンチケット 競輪 競輪場一覧
ウィンチケット 競輪 開催日程
ウィンチケット 競輪 出走表
ウィンチケット 競輪 予想
ウィンチケット 競輪 オッズ
ウィンチケット 競輪 ライブ・実況中継
ウィンチケット 競輪 レース結果・リプレイ
ウィンチケット 競輪 競輪選手

記事をシェアしよう

関連ニュース