競輪ニュース

【岸和田競輪・G1・高松宮記念杯競輪】古性優作が差して決勝へ「ラインのおかげ」

<岸和田競輪場:高松宮記念杯競輪>◇G1◇12R◇15日◇S級準決勝

古性優作(大阪)が差して、決勝進出を決めた。

地元のエース・古性に人気が集まった最後の準決勝。赤板周回で寺崎浩平(福井)が踏み出し、主導権を握る。打鐘とともに三谷竜生(奈良)が発進するも、抵抗されて捲り切れず。最後の直線で古性が踏み出すと、人気に応えて差し切った。

人気を落として桑原大志(山口)が2着に入ったことで、2連単は15番人気の5-8、6620円。3連単は75番人気の5-8-7、3万3130円と万車券決着に。

▶動画:古性優作が差して決勝進出を決めた12R

人気に応えた古性は、「やっと(決勝戦に)到着しました。体調もすごく良く(レース場に)入れましたし、調子も良い。今日は(連携した)寺崎(浩平)君が頑張ってくれましたし、(山田)久徳さんもすごく助けてくれて、ラインのおかげで勝ち上がれました。明日またここ(勝利者インタビュー)に戻って来られるように頑張ります」と連携した仲間に感謝した。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連ニュース