競輪ニュース

【函館競輪・G3・五稜郭杯争奪戦】古性優作が差して今年3度目の記念優勝

<函館競輪場:五稜郭杯争奪戦>◇G3◇12R◇19日◇S級決勝

古性優作(大阪)が差し切り、今年3度目の記念優勝を飾った。

郡司浩平(神奈川)と古性優作(大阪)が人気を二分した決勝戦。早い仕掛けで松井宏佑(神奈川)が踏みだし主導権を握るも、古性と郡司の番手争いに。最後の直線、松井の番手を奪った古性がゴール前で差し切った。

2連単は12番人気の9-2、3570円。3連単は86番人気の9-2-7、3万1500円と万車券決着に。

▶動画:古性優作(大阪)が差して今年3度目の記念優勝を飾った12R

人気に応えた古性は、「ほぼ後ろ攻めになると思ったが、(連携した三谷)竜生さんが前を取ったので。前を取れたら取れたで、後ろからならそれで(レースを組み立てようと思った)。(神奈川勢が)思ったより来るのが遅かったので、粘る形になった。松井(宏佑)君も出切った瞬間に(脚を)緩めたので、ああいう形になった。もう少ししっかり縦で勝負できたら良かったので、課題が残る結果になった。今日もラインで決まらなかったので、ラインで決まるように頑張りたい」とレースを振り返った。

次走は地元・岸和田で行われるG1高松宮記念杯競輪だが、「(高知で開催される)全プロ記念競輪に出場できないので、しっかり練習して地元で結果を出したい。次走も頑張りますので応援して頂いたら嬉しいです」とメッセージを送った。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連ニュース