競輪ニュース

【岸和田競輪・G1・高松宮記念杯競輪】脇本雄太が白虎賞を制す「真剣勝負できた」

<岸和田競輪場:高松宮記念杯競輪>◇G1◇12R◇14日◇S級白虎賞

脇本雄太(福井)が捲って、白虎賞を制した。

S級S班の古性優作(大阪)と脇本が人気を二分した4日目の目玉レース。早い仕掛けで寺崎浩平(福井)が主導権を握り、レースをリード。最終2コーナーで脇本が番手捲りに切り替えると、迫る古性を振り切り押し切った。

2連単は2番人気の2-1、630円。3連単は9番人気の2-1-3、4240円と人気決着に。

▶動画:脇本雄太が捲って白虎賞を制した12R

捲り切った脇本は、「(近畿勢から7人が白虎賞に出場したことで)近畿勢を盛り上げていきたいし、真剣勝負ができたと思う。(連携した寺崎浩平は)打鐘のスピードが凄くて誰も来られないと思ったが、古性(優作)君が来たのでさすがだなと。最終ホームで後ろを見た段階ですでに車輪を外しているのが見えたので、自分はまだ整っていなかったが、行くしかなかった」とレースを振り返った。

また、「昨日の先行(した疲れ)もまだしんどい状態だが、何とか1着を取れているので、(脚の)感触は良いと思います。明日の準決勝も一生懸命頑張ります」と意気込みを語った。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連ニュース