競輪ニュース

【岸和田競輪・G1・高松宮記念杯競輪】古性優作が捲って白星発進「状態は良い」

<岸和田競輪場:高松宮記念杯競輪>◇G1◇12R◇11日◇S級西予選1

地元・古性優作(大阪)が捲って、白星発進を決めた。

前年覇者の古性優作(大阪)に期待が集まった初日の目玉レース。前受けの取鳥雄吾(岡山)が主導権を握り、レースをリード。最終周回で人気の古性が発進すると、一気に叩いて先頭へ。番手から迫る南修二(大阪)を振り切り、押し切った。

地元勢がワンツーを決めたことで、2連単は1番人気の1-5、200円。3連単は3番人気の1-5-2、1170円と人気決着に。

▶動画:古性優作が捲って白星発進を決めた12R

人気に応えた古性は、「前を取りたくなかったが、(他ラインの)牽制が入ったので早めに行った。(先行した)取鳥(雄吾)君が凄かった。もう少し気持ち良く行きたかったが、(取鳥が)強かったですね」とレースを振り返った。

3連覇に期待がかかるが、「(脚の)状態は良いと思うので、気持ちをしっかり入れて走りたい。明日からも精一杯頑張ります」と意気込みを語った。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連ニュース