競輪コラム

競輪で万車券って当たるの?過去の万車券や狙うための3つの方法を解説!

競輪好きなら誰もが一度は夢見る「万車券」。名前は聞いたことがあるものの、どのようなものでどうやって狙うのか、また本当に当たるものなのかなど疑問に思うことも少なくありません。

万車券とは配当が1万円以上になる車券ですが、過去に100円の車券が400万円を越えたケースもあり、競輪好きには夢のある券種です。そして、その狙い方も自分次第。それぞれの経験や好みで万車券を狙うことが可能です。

そこで本記事では、競輪の万車券をご紹介します。過去に出た高額万車券や万車券の予想方法も合わせて見ていきましょう。

競輪の万車券ってどんな意味?

万車券とは名前のとおり「配当が1万円以上の車券」のことです。

車券は1口100円で購入できるため、当たれば100倍以上になって返ってくることが期待できる夢のような車券。どんな券種を狙っても叶うというわけではなく、万車券を狙うにはそれなりにポイントを押さえることが必要になります。

ですが、経験が長い人でも初心者でも同じように狙いにいけるのが万車券の魅力です。誰でも当たれば高配当を手にできる、夢のような券種なので競輪を楽しむうえで一度は狙いたくなるでしょう。
競輪投票車券

競輪で万車券が出る理由

競輪では、レース前に必ずオッズが公開され投票した金額に対しての倍率がわかります。

オッズは、レース直前までに投票された数に応じて変動しますが、万車券が出るには最低でも100倍以上のオッズになっていることが条件です。

単純に考えて100円×100倍=10,000円なので、予想するときにも100倍以上の倍率がついている、もしくは少ない倍率に100円以上投票するしかないでしょう。

そして、競輪では100倍以上つく車券は的中率の低い「三連単」や荒れたレースでの「二車単」がほとんどです。そのため、1番人気の選手から3番人気の選手が人気どおりにそのままゴールした場合、オッズも低いので万車券には到達しないでしょう。

つまり、万車券は荒れるレースでオッズの高い車券を的中させなくては、簡単に手にできません。

そのため、競輪予想をするときに、穴予想といって人気順などではなく、あらゆる角度からの予想で万車券を当てられる可能性が高くなります。

参考:競輪の三連単で的中率をアップするための予想の仕方&買い方を解説

過去に出た高額な万車券を紹介!

ここまで万車券の説明をしてきましたが、本当にそんなものが狙えるのか疑問に思う人も少なくないでしょう。そこで、実際に出た過去の高額万車券をご紹介します。

以下で紹介するのは、万車券のなかでも歴史に残るような超高額万車券です。さすがに、この金額の万車券が競輪で頻繁に出るわけではありませんが、絶対にないともいい切れません。

それでは、競輪ファンが驚愕した過去レースの万車券をご紹介します。

2006年の奈良競輪で476万700円の万車券!

2006年9月21日におこなわれた奈良競輪のF2グレードのレースで、競輪史上最高配当が出ました。

その額なんと476万円700円。

三連単を1票だけ投票された車券が驚くべき高額になったのです。

この万車券の三連単人気は、504通り中498番人気というまさに大穴。
総数63,476票もあるなかの1票が大金に化けました。

1着の選手は服部仁、決まり手は差し、2着の選手は吉良勝信、決まり手はマーク、3着の選手は武田良太でした。

まさかのレース展開に競輪ファンも驚愕しており、6万あまりの投票数に対してたった1票というのは、あまり他で例を聞かない非常に珍しいケースです。

この車券に関しては、なぜ498番人気という車券を購入できるのか?その部分に疑問が生まれるでしょう。
適当に買った?全通り買った?などさまざな推測はできますが、素晴らしいセンスと強運を持っているとしか言いえませんね。

2011年の小田原競輪場で458万2,050円の万車券!

2011年1月12日に小田原競輪でおこなわれたF1レースで、458万2,050円という歴代第2位の高配当が出ました。

このレースで1着となった山田英樹選手は、2着と3車身もの差をつけてゴール。

こちらも3連単で、504通り中494番目に人気の車券でした。オッズでは人気の選手に偏りがあった堅いレース展開が予想されていましたが、このようなレースでは大穴が出やすいのが特徴です。

また小田原競輪では過去に4度も200万円以上の配当を出しています。荒れたレース展開になるバンクなので、高配当を狙いたい人は小田原競輪を狙ってみるのもよいでしょう。

なお、1着は山田英樹選手で決まり手は捲り、2着は清水一博選手で差し、3着は平原輝弥選手でした。

このレースでは、人気選手にオッズが偏っていたことが大穴車券が生まれた要因と考えられます。上位入賞したのは人気選手ではないですが、ファンが購入する際に投票が人気選手に集中して穴が大きく跳ね上がったのかもしれません。

小田原競輪では、昔から高配当が出やすいと有名ですが、ここまで荒れたレースは珍しいでしょう。

2003年の富山競輪で449万5,120円の万車券!

2003年9月3日に富山競輪おこなわれたレースでは、3連単449万5,120円の歴代第3位の高配当金額を出しています。

当時は1973年に千葉競輪でのレースの配当金236万3,180円が最高配当金でしたが、30年ぶりに記録を更新したとあって競輪界を賑わせました。

このレースで面白いのが、6着以降は全員落車棄権。さらに5位の選手は大差をつけられ落再入という異例のレースでした。

2位~4位の選手も1、3、4車身ということもあり、大きく差をつけて1位の西徹選手がゴールしたのがわかります。

誰も予想できなかったであろうレース展開ですが、この万車券を購入していた人は運がよかったとしかいえません。

競輪で万車券を狙う3つの方法

誰もが夢見る万車券ですが、それを手にするのはごく一部の人だけです。万車券はそんな簡単に当てることはできないでしょう。

しかし、万車券を狙うコツさえ知っておけば、もしかしたら的中させることもできるかもしれません。ぜひ以下で紹介する万車券を狙う3つの方法を実践してみてはいかがでしょうか。

①的中率の高い券種で投票数を増やして万車券を狙う!

競輪ファンのなかでも万車券を狙おうと思うと、大穴のみを攻めがちです。

しかし、そこまで大穴が当たることは確率としては低いでしょう。そのようなときに使えるのが、的中率の高い券種に対し投票数を増やして万車券を狙う方法です。

簡単にいってしまえば、「このレースは堅い!」と自分が思ったときに、当たりやすい選手の車券に多くの金額を投票します。

人気の券種は多くの競輪ファンが狙うためオッズが2~3倍など低くなりますが、的中率が高いのが特徴です。そのため、オッズの低い券種でも投票数を増やせば万車券を狙えるでしょう。

しかし、集中投資しているため、的中しなかったときのリスクは大きくなります。

また2~3倍のオッズということもあり、100倍などの大穴を狙うより高配当は望めないでしょう。

②オッズの高い券種を狙って少額で万車券を狙う!

先ほど紹介したオッズの低い券種を狙うほかに、オッズを高い券種を買って万車券を狙う方法もあります。オッズの高い券種とは、要するに人気がない券種です。

そのため10倍、50倍、100倍など大きなリターンを望めます。

買い方は簡単で、オッズの高い人気のない券種を1点購入します。

はずれたときでも損失は100円なのでオッズの低い車券をたくさん投票する手法よりもリスクは低いでしょう。また少ない資金でも当たれば大きいため、数十万や数百万など高額な配当に化けることもあります。

さきほど紹介した過去の高額万車券も、この手法を使って万車券を狙っている可能性が高いです。人気のない大穴1票が思わぬ大金を生み出すとは、とても夢があるでしょう。

悪天候やレースが荒れる要因が多くあると判断した方は、9車立ての全通りである504点を購入する方もいると聞いたことがあります。

すべて、合計しても5万400円なので、レース結果は大きく荒れた場合にはそれ以上の払戻金が発生する場合もあかもしれません。

③人気選手を軸から外して予想する

バンクとの相性やここ最近の成績、実力などから人気が集中する競輪選手も少なくありません。
人気の選手の車券は多くの競輪ファンが購入するため、オッズが低くなりがちです。そのため、予想から人気の選手を軸から外しておく必要があります。

人気がない選手を軸にしておくことで、高いオッズが望め万車券へと近づきます。また投票方法にもポイントがあります。

過去の高額万車券は、いずれも三連単で購入。三連単は順番まで合っていないといけないため、この時点で的中率は1/504とかなり大穴です。順番不問の三連複と比べても約5倍も高いオッズが望めます。

また3人まで選手を絞ったらボックス買いしておくのがよいでしょう。
購入数は増えますが、どの選手がどの順番でゴールしてもよいので、的中率はそれだけ上がります。
これらを踏まえると、「人気選手を外した三連単をボックス買い」が、万車券を狙うのにキーとなるでしょう。

万車券を当てるのは競輪の醍醐味のひとつ

競輪をしていると、負けることも勝つこともあります。大きく勝ったときは誰もがうれしくなるでしょう。そんな勝ちに大きく関係してくるのが万車券です。

競輪好きの人のなかには万車券を当てることに賭けている人も少なくありません。
万車券を狙うことも競輪を楽しむ醍醐味のひとつです。

万車券はそう簡単に当たるものではありません。しかし、大穴が的中して高配当を手にしたときの快感は、なにものにもかえがたいでしょう。競輪は、レース結果は終わるまで誰にもわからず、人気順で絶対に決まるわけでもありません。

そのため、万車券を狙うのも競輪の楽しみのひとつです。

本記事では過去の万車券をご紹介しましたが、これらはほんの一部に過ぎません。さまざまな競輪場で今も毎日新しいドラマが生まれています。

しかし、それらの大穴を狙うにはコツが必要です。人気の選手を枠から外すことや、オッズの高い券種を狙うことなど、いくつかのポイントを押さえれば今すぐにでも大穴を狙いにいけるでしょう。

コツコツ的中させて競輪を楽しむのもよいですが、大穴を狙ってたまには冒険してみるのも面白いはず。本記事を参考に、万車券を狙いにいってみてはいかがでしょうか?

インターネットで競輪の予想や車券の購入、ライブ中継の観戦などができるWINTICKET(ウィンチケット)では、「AI予想屋」が過去の膨大なデータから最適な車券を予想!オッズの計算も瞬時に可能ですので、コツコツと稼ぎたい方も万車券を狙って大きく稼ぎたい方もぜひご利用ください。
WINTICKET ライブ実況・中継ページ

参考.1 : WINTICKET 競輪勉強シリーズ

参考.2 : WINTICKET 初心者向けコンテンツシリーズ

記事をシェアしよう

関連記事