競輪コラム

WINTICKET EXデータ解説「つっぱり」編

「先行」「追込み」「捲り」と大きく分けて3つある競輪の戦法。その中でもレース展開を大きく左右する「先行」における作戦のひとつ、「つっぱり」について説明します。

「つっぱり」とは

例えばこのような3分戦の並びで400バンクを周回していたとします。

9車立て並び

打鐘で⑦が前へ動き出して4コーナー手前から一気に加速し、1コーナーまでに前へ出切ってしまえば⑦の「かまし」先行になります。

※「かまし」についてはWINTICKET EXデータ解説「かまし」 編をご参照ください。

しかし⑦の動き出しに合わせて①も踏み上げていき、⑦を出させずにそのまま自分が先に行くことを「つっぱり」先行といいます。後ろから抜き去ろうとする⑦を横から突っ張って出させない戦法です。

打鐘からというのは決まっているわけではなく、残り2周の赤板ホームから動き出したとしても、後ろから来る選手を一番前にいる選手が突っ張って前へ出させないまま、残り1周ホームを先頭で通過すれば「つっぱり」先行になります。

また、後ろから一気に抜き去ろうとせずに横に並んで一旦抑え込む「抑え」先行をしてくる相手に対して、誘導をどかして先に前へ踏み上げて行くのも「つっぱり」先行と呼べます。

「つっぱり」とは、正攻法でS取ったら誰も前へ行かせずに、そのまま逃げてゴールを駆け抜けようとする戦法です。

「つっぱり」を決めやすい選手の特徴

例えば出走表の基本データが以下のような選手。

出走表

積極的にSを取りにいって(スタート直後に先頭誘導員のすぐ後ろに付けて)、捲りの決まり手がほとんどないということは「かまし」や「抑え」に来た選手をほとんど前に行かせずに、「つっぱり」から先行して逃げ勝っていること多いというのがデータから見て取れます。

一方で以下のようなデータの選手はどうでしょうか。

出走表

Sを取らずにB(バック。最終バックを先頭で通過した回数)は多いので「かまし」先行型の選手といえるでしょう。状況によっては「捲り」に変更することもあるといった、後ろから一気に勝負を決められる脚質の選手。スプリンタータイプがこのような選手になりやすいです。トップスピードまで一気に加速できるため、「かまし」という奇襲を仕掛けても成功しやすい脚質です。

逆にトップギアへは一気に入れられないが、スピードを維持して長いこと踏める地足型の選手は「つっぱり」先行に向いているといえるでしょう。一度、突っ張ったら突っ張りきらないとならないのでスピードは落とせません。そうして突っ張りきることができれば、ラインをそのまんま連れていくことが可能になります。

「つっぱり」のメリットとデメリット

「つっぱり」先行のメリットは、ラインで決着しやすいということです。

「捲り」は番手が千切れる危険があるためラインで買いにくいが、早めの「かまし」先行はラインで買いやすい。それよりもライン決着しやすいのが「つっぱり」先行になります。

「つっぱり」先行のデメリットは脚を使ってしまうことです。脚を使うことで、“タレる”危険性が高まる故に、差し目が見えてきます。

つまり、「かまし」先行よりも「つっぱり」先行のほうがラインで決まりやすいが、ラインの並び順のままでは決まりにくいということになります。

前述した並びで①の選手が「つっぱり」先行型ならば①②③だけでなく、差し目に②①③も考えなければならないということです。

これが例えば33バンクといった逃げやすい短走路で①の選手が②の選手よりも明らかに力が上位ならば①②③だけでいいでしょうが、500バンクなら②①③も考えなければならず。③も実力者ならば“交わし交わし”の②③①まで抑えなければならない。しかし雨が強かったりすると、追込みが利かないのでやはり①②③だけでいいということもある。

様々なデータから買い目を絞ったり広げたりする必要はありますが、とにかく「つっぱり」先行はラインで決まりやすいのは間違いないでしょう。

最近の傾向

2019年5月31日(金)より適用されたルールにより、33バンクは残り2周半のバック、400バンクは残り2周の赤板ホーム、500バンクは打鐘まで誘導を追い抜くことができなくなりました。これによりSを取った先行選手は誘導を長く使えることで「つっぱり」先行が増えました(早めの「かまし」ができなくなったため)。

また、コロナ禍で7車立てのレースばかりになったことも、「つっぱり」先行の増加を招いています。例えば、このような並びになった場合。

7車立 並び

3車あることで他のラインよりも強固な①のラインは④と⑥を前へ行かせずに突っ張ってしまったほうが展開を有利に進められますし、そもそも相手は2車なので「つっぱり」が決まりやすい。

このことはファンの方々も良く知っていて、強い新人が引っ張って「つっぱり」先行しそうなレースは①②③が本命になってオッズがとても安くなります。ただしその一方で、本命以外の目はすべて“穴目”になるといっていいでしょう。10万円を超えるような超大穴が出るのもこのようなレースです。

本命をキッチリと1点で仕留めるか。
広めに買って超大穴を狙っていくか。

いわゆる“「つっぱり」先行の鉄板レース”にこそ、競輪の醍醐味が詰まっているのかもしれません。

参考:WINTICKET EXデータ徹底解説シリーズ

記事をシェアしよう

関連記事