競輪コラム

【EXデータで展開予想!】競輪祭2日目|11月19日(木)

いつもWINTICKETをご利用いただきありがとうございます。
11月18日(水)より小倉競輪で開催中の競輪祭について、WINTICKETオリジナルデータ『EXデータ』を活用した展開予想を毎日紹介していく予定です。

ぜひチェックしてみてください。

【EXデータで展開予想! 競輪祭2日目 11月19日(木)8R】

優勝候補筆頭の脇本雄太選手がまさかの落車負傷で2日目以降欠場となった波乱の初日が終わり、
2日目の第5Rからは4日目のダイヤモンドレース行きをかけた第一次予選2が行われる。

メインの第8Rで本命視されるのは⑨郡司浩平。
現在、獲得賞金6位で地元GP出場の当落線上におり、1つでも上の着を獲って賞金を上積みしたい意識は強い。初日1着で3日目の休養が決まり、その上で本日1着を獲れば準決フリーパスのダイヤモンドレース行きが確定するならば、今日は確実に仕留めに来るだろう。そうはさせじと踏ん張る別線の動きはいかに……まずは並び予想から。

<EXデータで展開予想! 競輪祭2日目 11月19日(木)8R並び予想は⑧①・⑨②④・⑥③・⑤⑦>

格上の郡司よりも有利な展開を作るためには先に動かざるを得ない⑤小松崎と⑥畑段。
脚質「逃」で『EXデータ』「かまし成功率」にある仕掛け回数が多め(直近4カ月で6回)の⑤が先に行って⑥が続いて⑤⑦・⑥③という並びで赤板ホーム手前から⑧にフタをするか、かまし気味に行ったところを⑧や⑨は早めに引くはず。
⑧と⑨の「かまし成功率」「つっぱり成功率」の仕掛け回数はいずれもかましのほうが多いことから、引いてすぐに前へ踏むだろう。

⑧の「逃:捲=8:3」、⑨の「逃:捲=4:9」というデータを見る限り、先行意欲の高い⑧が打鐘前から一気に踏み上げる。横を抜けて行こうとする⑧①ラインを⑤がどうするか。

⑧の「かまし成功率」が100%(8/8)なのに対して⑤の「つっぱり成功率」も100%(3/3)と五分。
競走得点では⑤小松崎のほうが上だが、勝率では⑧取鳥のほうが上。ここはやはり五分と考えて出切ったときと突っ張ったときの両方の展開を考えるべきだ。

⑧①が⑤の前に出たときには⑨②④のラインが続いてくる。⑤は①の後ろに飛びついて中団を獲りたいが、「ちぎられ率」0%(0/7)の⑨郡司が離れるわけがなく、⑧①・⑨②④という5車の塊が出切ってしまう可能性は高い。そうなれば最終バックから⑨が番手発進の形になって捲り切る公算が高く、「ちぎられ率」0%(0/38)の同県②松谷が付ききっての⑨②④か⑧①ライン残り目の⑨-②-①⑧。⑤小松崎と⑥畑段の踏み直しから、追込みの利く小倉を考えると番手の滑り込みもあり得るので⑨②全を抑えておくべきか。

一方、⑧のかましを⑤が突っ張りきった場合、最後尾になるのを嫌がる⑨郡司がその上をさらにかます選択肢を採るはず。
⑤は突っ張りで脚を使っている上、⑨と⑤の「対戦成績」は9-2で⑨郡司が優っているというデータからかまし切る可能性は高く、最終ホームでは⑨②④・⑤⑦・⑥③・⑧①の並びに。そのまんま⑨②で直線まで行ききるだろうが、そこそこ脚を使った⑨を②が差すことも考えて②=⑨の折り返し。
3着はラインの④に⑦の追込み、タテのある⑥の捲り追込みまで。

まとめると⑨②全と②-⑨-④⑥⑦の10点。


<参考リンク>
今年最後のG1!「競輪王」の称号は誰の手に!! 第62回『朝日新聞社杯 競輪祭』
「2020ガールズグランプリトライアル」大会展望・注目選手
【新機能】出走表がさらに充実!EXデータ
【徹底解説】WINTICKET EXデータの予想への役立て方


WINTICKET KEIRINグランプリ2020特設ページがオープン!
ぜひあわせてご覧ください。 <WINTICKET KEIRINグランプリ2020特設ページ>

記事をシェアしよう

関連記事