競輪コラム

ヤンググランプリ2021 レース展望

デビュー3年目までの若手しか掴めぬ栄冠、『ヤンググランプリ2021』 in 静岡競輪場

2021年競輪界の最終決戦『KEIRINグランプリ2021』の前日、12月29日(水)に行われる若手世代の頂上対決が『ヤンググランプリ2021』である。

選抜される選手はデビュー3年目までの若手だけ。今年でいうと115期、117期、119期の中からということになるが、「平均競走得点上位」という条件を考えるとデビュー1年目の新人が出場するのはかなり難しい。つまり競輪人生で実質2回しか出場できない、希少価値の高いビッグレースだ。

将来、競輪界を背負って立つという意気込みを持つ若手選手なら何としても欲しいタイトル。エース候補と持てはやされるだけでなく、結果を出して実力を示したいヤングな猛者たちが静岡競輪場を舞台にしのぎを削る。若手「HERO」の称号を得るのは誰だ。

グランプリ補欠の山口が優勝候補も、ビッグレース常連の若手強豪揃い。

JKA発表の想定番組は以下のようになった。

1番車 山口拳矢(S2・岐阜・117期・25歳)
2番車 小原佑太(S1・青森・115期・25歳)
3番車 坂井洋(S1・栃木・115期・27歳)
4番車 高橋晋也(S1・福島・115期・27歳)
5番車 町田太我(S2・広島・117期・21歳)
6番車 石原颯(S2・秋田・117期・22歳)
7番車 佐々木悠葵(S2・群馬・115期・26歳)
8番車 伊藤颯馬(S2・沖縄・115期・22歳)
9番車 寺崎浩平(S1・福井・117期・27歳)

獲得賞金額6,198万円の9位で、惜しくもグランプリ出場を逃した山口拳矢が1番車である。今年3月に地元大垣で行われたルーキーチャンピオンレースで優勝。3度目のビッグレースとなった7月のサマーナイトフェスティバルで準優勝。そして9月の共同通信社杯にて、デビューから1年114日という史上最速記録でG2初優勝を果たした山口が実績、実力共に優勝候補筆頭であろう。

ただし、11月の競輪祭で落車欠場となってから1カ月以上空いてのぶっつけ本番となるのが懸念される。

2番車は昨年に続いて2回目の出場となる小原佑太。12月に全日本自転車競技選手権大会トラックレースのケイリンで優勝している、ナショナルチームのエース候補だ。日の丸を背負って戦っている身としては、同世代の自力機動型が集まって頂点を目指すレースで脚負けしたくないだろう。高校のときから競技で鍛えた脚で若手競輪選手の頂点を目指す。

在校成績1位で卒業し、期待通りの活躍を見せている坂井洋が3番車となる。昨年に引き続き、2回目の出場。11月の四日市記念決勝で見せた捲り追込みでの優勝は見事であり、仕上がりは上々だ。同期同地区の佐々木悠葵と組んで主導権を握りたい。

スピードスケートから転向して4浪した果てに競輪学校へ入学した苦労人、高橋晋也も今や東北のエース候補だ。2月の全日本選抜で準決勝進出、3月のウィナーズカップで優出、9月の共同通信社杯で準決勝進出と確実に結果を残してきた。2回目の出場となった今回は4番車。昨年同様、小原佑太との連係で優勝を目指すのか。

養成所時代にすべての記録会でゴールデンキャップ獲得という史上初の記録を残した逸材、町田太我が5番車となる。今年は6月の松山で117期では一番乗りのG3優勝を成し遂げ、サマーナイトフェスティバルで初のビッグ出場を果たした。広島記念の決勝では番手の松浦悠士に差されたものの、優勝してもおかしくない強い走りを見せており、競輪界トップ選手のひとりと言っても過言ではない。実際、獲得賞金額は34,195,400円の25位で、今回のメンバーの中では山口に次いで2番目である。その実力からして間違いなく優勝候補だ。

養成所時代の成績はパッとしなかったがデビュー後にメキメキと力を付けてきたのは、6番車の石原颯だ。3月のルーキーチャンピオンでは4着に終わったが、4月の奈良G3で準優勝。5月の久留米ではS級初優勝を完全優勝で成し遂げている。G1初出場となった8月のオールスターでG1初勝利、11月の競輪祭でも1勝している。四国勢を引っ張る自力選手として活躍した今年を、ヤンググランプリ優勝という最高の形で締めくくれるか。

7番車はデビュー後に伸び悩んだが、今年になって一気に実力が開花した佐々木悠葵だ。2月の高知、3月の広島、5月の大宮、静岡、6月の西武園とS級完全優勝のオンパレード。11月の競輪祭では準決勝進出も果たしている。この勢いで、最初で最後のヤンググランプリ優勝を目指す。

競輪学校の卒業記念レースでは決勝に進出し、昨年のルーキーチャンピオンにも出走したが、ヤンググランプリ出場は叶わなかった。今年、念願の初出場を決めたのが8番車となった伊藤颯馬だ。沖縄県所属の選手としては初めてのヤンググランプリ出場を果たしただけでなく、初優勝も目指して必死でもがく。

養成所初の早期卒業制度適用者のひとり。デビューから間もなく丸2年となる寺崎浩平が9番車となった。3月のルーキーチャンピオンでは落車する悔しさを味わっただけに、今回にかける思いは強いはずだ。パリ五輪を目指すナショナルチームのメンバー。12月に行われた全日本自転車競技選手権大会トラックレースのスプリント優勝を引っさげて、若手競輪選手の最終頂上決戦に乗り込んでくる。

※年齢と級班は2020年12月29日時点のもの
※獲得賞金ランキングは2021年12月24日現在

以上、9名の若手による戦い。コメントは前日にならないとわからないが、過去のレースや交遊関係を考えると、②小原と④高橋、③坂井と⑦佐々木、⑤町田と⑥石原が連係しそうなのでコマ切れにはならなそうだ。ちなみに同期で友人だという⑦佐々木の後ろに⑧伊藤が付く可能性もあり。ナショナルチーム繋がりで②小原が⑨寺崎の番手を主張したとしたら、このような並び予想も立つ。

⑨寺崎②小原④高橋・③坂井⑦佐々木⑧伊藤・⑤町田⑥石原・①山口

もしこのような三分戦になったら①山口はかなり苦戦することになるだろう。果たしてどうなるか。いずれにしても若手「HERO」の血気盛んな走りに競輪の未来を感じたい。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連記事

,