競輪コラム

【EXデータで展開予想!】KEIRINグランプリ2020

【EXデータで展開予想!】KEIRINグランプリ2020

出場する9名が出揃った際、ファンが抱いた最大の関心事は近畿1人の②脇本に関東1人の⑦ 平原が付くかどうかということ。
大方の予想は「単騎」であったが、前夜祭のコメントではそれを裏切り、番手に付くことを主張した。「KEIRINグランプリ」には11回出場し、2013年から8年連続となる。前夜祭で「神山さんの気持ちがわかります(笑)」と語っていたが(※神山雄一郎はGP16回出場で未だに優勝なし)、今年こそはという気持ちは人一倍強い。「先行してGPを獲るのが夢」の②脇本が単騎でいる上に自分も単騎となるのなら、②に乗って当然だろう。それが"競輪"だ。
結果、並び予想はこうなっている。

KEIRINグランプリ2020 並び予想

次に、出走表を見てみましょう。

KEIRINグランプリ2020 出走表

出走表の『基本情報』にある「S」回数は③ 松浦と⑨ 佐藤がほぼ同数で抜けて多いが、それよりも各ラインが考えている戦法によるところが大きいはずだ。
地元で1番車という利を活かしたい①郡司はSを取って正攻法に構えることで、②⑦ラインの3番手を取りやすい位置を確保したい。しかし、それを阻止したいのが北日本の3車。
新田は競輪祭にて道中の位置取りを意識するあまり、内に詰まってしまって力を出し切れずに終わった。前夜祭では「相手が誰であろうとやることは決まっている」と言い、前検では「自分の力を発揮して他を圧倒するようなレースをする」と力強いコメントを残している。

つまり、全盛期の新田の「Sを取って正攻法に構えてから引いてカマシか捲り」という戦法で勝つことを心に決めていると見ていい。そのことがわかっているラインの⑥ 守澤や⑨佐藤は外枠で不利という状況ながら、何としてもSを取りに行くだろう。
①郡司としてはSを取りに来る相手が、自分と同じく「逃げる②脇本(のライン)の後ろへ付ける」という戦法を考えている③松浦であれば譲らないかもしれないが、⑧新田のラインであれば引く可能性が高い。すんなり前を取らせるはず。

さて、その③松浦はどうか。こちらもSを取りに来るだろうか。
前夜祭のコメントで「②脇本と⑦平原は単騎だと思っていた」と語った松浦。「もう1回レース展開を組み立てていきたい」というのは恐らく、②脇本が単騎であれば前で待って番手に飛びつけると思っていたのだろう。ところが位置取り巧者の⑦平原が番手に付くという。さすがにこれでは飛びつけないとなれば、前で張るのはやめようと。3番手を狙うなら、最初から3番手に付いていればいい。③松浦はそう考えたと読む。
実際、前日の夜間練習で②脇本-⑦平原の3番手に付いて追走している。最初からその位置で回ることを選択したと考えて、このような並びを予想したい。
⑧⑨⑥・①④・②⑦・③⑤

次に、EXデータの戦法別成績を見てみます。

KEIRINグランプリ2020 EXデータ

今年優勝した高松宮記念杯、寛仁親王牌同様に赤板ホームから出て行く②脇本。付く⑦平原。その後ろを追走する③松浦と⑤ 清水
実質、4車ラインが後方から上がってきたら、かなり強力だ。あわよくば②脇本のうしろ、少なくとも⑦の後ろを取りたいはずの①郡司が飛びつくのは至難の業。『EXデータ』の「飛びつき成功率」はなし。そもそも飛びつくような選手ではない。もはや引くしかない状況。

しかし、そんなことは"競輪王"①郡司なら、並んだときからわかっている。②脇本より先に出ようとするはずだ。そこまで読んでいると思われるのが、昨年の"競輪王"③松浦。青板バックから① 郡司にフタをしてくるのではなかろうか。このような形で。
③⑤
⑧⑨⑥・①④・②⑦

こうしていれば②脇本も出づらくなる。結果、赤板ホームで誘導を外すのは③松浦-⑤清水……いや、急いで外す必要はない。③松浦-⑤清水の後ろに②脇本-⑦平原となった3番手を①郡司に受け渡すことになってしまう。①郡司の「ちぎられ率」は0%(0/3)。⑦平原との間に隙を見出すことは困難だ。逃げることを想定していない⑧新田に前を走らせておいて粘ったほうが展開が有利になる。
さて、②脇本はどこから③松浦-⑤清水の上を越えてくるだろうか。逃げて勝つという意識の高さを考えれば、2コーナーのカントを使って打鐘前から越えてくる可能性が高い。そうなれば内に包まれている①郡司は万事休す。③松浦が追走して3番手を取り切り、この並びで最終ホーム手前。
②⑦・③⑤・⑧⑨⑥・①④

①郡司が慌てて出て行くが、⑥守澤と⑨佐藤の3車はそれを許さない。張って①郡司を沈める。満を持して2コーナーから⑧新田が発進。③松浦-⑤清水が横に出して食い止めようとするが、⑧新田のダッシュ力は現在の競輪界ナンバー1。止められずに出切ってしまうだろう。本日の平塚競輪場、16時頃は無風の予報。邪魔はない。

問題は番手が付ききれるかどうか。「ちぎられ率」は⑨佐藤が10%(3/30)、⑥守澤が9%(2/21)と数字的には少ないが、相手は爆発力随一の⑧新田。ナショナルチームのブノワコーチから「GPに向けて調整することができた」というお墨付きをいただいていることからしても、脚は仕上がっていると見ていい。加えて、⑨佐藤は暖かい沖縄で調整していることで身体は動ける状態かもしれないが、今日の平塚は16時頃に13度という寒さで⑧新田の動き出しについていけるとは考えづらい。

結果、「五輪のなくなった今年の目標はGPで優勝すること」だと語っていた⑧新田は単騎になっても一気に抜け出し、②脇本との直線勝負になる。出走表にある『対戦成績』(直近1年)はほぼ五分(②脇本の5勝4敗)。競輪祭で落車して小指の骨折と肩を脱臼した②脇本も練習では普段通りのタイムが出ているというが、やはり分が悪い。最後に勝つのは⑧新田だ。

あとは近況、調子が良かった⑦平原が②脇本を差すかどうかだが、上述の展開ならば②脇本は1周半しか踏んでおらず、ほぼタレることはないと予想。『対戦成績』も②脇本の4勝1敗なので、追込みは届かないと見た。ということで、買い目は……。
⑧②⑦の1点勝負でフィナーレ!!

参考リンク

KEIRINグランプリ2020 大会展望・注目選手
要チェック!KEIRINグランプリ2020 出場選手のSNSまとめ
【新機能】出走表がさらに充実!EXデータ
【徹底解説】WINTICKET EXデータの予想への役立て方
WINTICKET EXデータ解説「かまし」 編
WINTICKET EXデータ解説「つっぱり」編
WINTICKET EXデータ解説「ちぎり」 編
WINTICKET EXデータ解説「ちぎられ」編
WINTICKET EXデータ解説「飛びつき」編
WINTICKET EXデータ解説「競り」 編


WINTICKET KEIRINグランプリ2020特設ページでは

グランプリ関連情報を随時公開!
ぜひあわせてご覧ください。 <WINTICKET KEIRINグランプリ2020特設ページ>

記事をシェアしよう

関連記事