競輪コラム

暑い夏にはガールズケイリンフェスティバル!選抜方法や過去の優勝選手を紹介!

ガールズケイリンフェスティバルは、2014年度からはじまったガールズケイリンにおける特別競走(F2)です。

男子競輪では、2005年度からサマーナイトフェスティバルというG2レースがおこなわれていますが、このなかのガールズケイリン企画レースとして実施されます。

開催時期は7月中旬で、名前のとおりまさに暑い夏におこなわれるお祭りで、比較的涼しくなりやすい夜間に開催されます。

本記事では、ガールズケイリンフェスティバルの選抜方法や概要を説明し、過去のレースを振り返ることで、その魅力を伝えていきます。

ガールズケイリンフェスティバルとは?

ガールズ競輪フェスティバル画像

ガールズケイリンフェスティバルとは、2014年度よりはじまったガールズケイリンにおける特別競走のひとつです。男子競輪でいうG1レースに相当するF2に分類されます。

男子では、2005年度より「サマーナイトフェスティバル(G2)」というナイター競走のレースがおこなわれているのですが、このなかのガールズケイリン企画レースとして開催されます。

そして、出場選手は21人が選ばれ、最終日のガールズ決勝を目指します。

以下では、選抜方法・賞金・レースの概要を説明していきます。

ガールズケイリンフェスティバルに出場できる選手の条件

ガールズケイリンフェスティバルに出場する選手の選抜の特徴は、選考期間中におこなわれるガールズケイリンレースの優勝者が本レースに集結するように選抜される点です。

選抜方法・条件に関しては、毎年若干の変更・修正が加わるので、ここではガールズケイリンフェスティバル2020(いわき平・第7回)、ガールズケイリンフェスティバル2021(函館・第8回)の選抜方法を紹介していきます。

  • 選考期間:前年11月~開催年4月の6カ月間
  • 最低出走回数:24出走
  • 選考:毎年5月
  • 開催月:毎年7月
  • 選考選手数:21名+補欠1名の計22名

また、以下基準を満たしたものを出場選手として選考します。

  • 東京オリンピック自転車競技トラック種目代表選手
  • 選手選考対象期間で2カ月以上JCFトラック種目強化指定(A)に所属した者
  • 運営調整部会がとくに認めた選手
  • ガールズケイリン特別レース優勝者
  • ガールズケイリン(ポイント制)優勝者
  • 平均競走得点上位者

※補欠選手は、正選手以外の平均競走得点上位者から順次選抜される。

ガールズケイリンフェスティバルの賞金

ガールズケイリンフェスティバルでは、最終日のガールズ選抜・ガールズ決勝の2レースだけでなく、1日目・2日目におこなわれる予選にも同様、着順に応じて賞金が出ます。

対象期間内におこなわれるレースの優勝者をはじめとして、注目されている選手が多数出てくるレースなので、特別競走のなかでも賞金の多いレースです。

予選・決勝レースの賞金は、以下のとおりです。

【ガールズ予選】

  • 1着 146,000円
  • 2着 113,000円
  • 3着 95,000円
  • 4着 87,000円
  • 5着 80,000円
  • 6着 74,000円
  • 7着 71,000円
  • 誘導 7,000円

【ガールズ選抜】

  • 1着 177,000円
  • 2着 135,000円
  • 3着 114,000円
  • 4着 104,000円
  • 5着 96,000円
  • 6着 89,000円
  • 7着 85,000円
  • 誘導 9,000円

【ガールズ決勝】

  • 1着 2,320,000円(2,520,000円)
  • 2着 1,006,000円
  • 3着 655,000円
  • 4着 433,000円
  • 5着 383,000円
  • 6着 333,000円
  • 7着 283,000円
  • 誘導 36,000円

ガールズケイリンフェスティバルのレース概要

ガールズケイリンフェスティバルに出場する選手は21名と大規模なレースです。
ガールズケイリンフェスティバルの特徴は2つあります。

まず1つ目は夕方(15時)~夜(20時30分)にかけておこなわれる点です。
ほかの大会と同じく会場は持ち回りとなりますが、ナイター競走を実施している競輪場に限定されます。

実施会場は函館青森いわき平宇都宮弥彦前橋西武園京王閣松戸川崎平塚伊東温泉静岡豊橋四日市奈良玉野松山高知小倉久留米武雄佐世保別府となります。

2つ目は、出走する21名の選手は全員最終日まで出場できる点です。

通常は、予選・準決勝で決められた順位以内に入ることができなければ、決勝で出走できないのが一般的です。しかし、ガールズケイリンフェスティバルは2日間の合計ポイントで、最終日に出場するレースが決まります。

予選で獲得したポイント上位7名は「ガールズ決勝」に進み、下位の14名は「ガールズ選抜」でレースをおこないます。

また、ガールズケイリンフェスティバルを含む、サマーナイトフェスティバルのレースプログラムは以下のとおりとなります。

【初日】

  • 1R~8R:男子S級予選
  • 9R:S級特別選抜予選
  • 10R~12R:ガールズ予選(1)

【2日目】

  • 1R~3R:S級選抜
  • 4R~6R:S級特選
  • 7R~9R:S級準決勝
  • 10R~12R:ガールズ予選(2)

【最終日】

  • 1R・2R:ガールズ選抜
  • 3R・4R:S級一般
  • 5R・6R:S級選抜
  • 7R・8R:S級特選
  • 9R・10R:S級特別優秀
  • 11R:ガールズ決勝
  • 12R:S級決勝

ガールズケイリンフェスティバルの過去の優勝選手

ここからは2014年~2020年におこなわれた、ガールズケイリンフェスティバルの優勝選手・配当・レース概要を紹介していきます。

過去にどのようなレースがおこなわれたのか振り返りをおこなうとともに、どのような配当だったのかなどをおさらいしていきましょう。

◆2020年(第7回)高木真備選手

高木真備画像

【レース結果】

【配当】

  • 2車連:複 2=3 1,580円 単 2-3 2,550円
  • 3連勝:複 1=2=3 430円 単 2-3-1 5,450円
  • ワイド:1=2 140円 1=3 170円 2=3 340円

【レース概要】

最初は児玉が先頭に立ったレース。
残り1週で小林優香が追い上げを狙おうとしたところ、梅川が勝負をかけるも石井貴子が差し込み、最後の最後の直線で大外から高木がレースを制しました。
予選を含めてすべて1着の完全優勝でした。

◆2019年(第6回)石井貴子選手

【レース結果】

【配当】

  • 2車連:複 2=3 270円 単 3-2 990円
  • 3連勝:複 2=3=7 670円 単 3-2-7 4,640円
  • ワイド:2=3 140円 2=7 270円 3=7 440円

【レース概要】

梅川風子とまくりを制した石井貴子選手が制したレースとなりました。
初手で児玉碧衣選手の隣を取り、梅川・長澤彩との接戦を制して特別競走では2018年5月のコレクション2018平塚ステージ以来、フェスティバルは嬉しい初優勝となりました。

◆2018年(第5回)石井寛子選手

石井寛子画像

【レース結果】

【配当】

  • 2車連:複 2=6 5,370円 単 2-6 13,580円
  • 3連勝:複 2=3=6 6,280円 単 2-6-3 81,450円
  • ワイド:2=3 800円 2=6 1,520円 3=6 1,410円

【レース概要】

ずっと2番手でレースをしてきた石井寛子選手が、はじめてフェスティバルを制しました。

最後はずっと先行していた梅川選手と外から来ていた高木真備との争いでしたが、空いた瞬間を見逃さず逆転しました。

◆2017年(第4回)小林優香選手

小林優香 画像

【レース結果】

【配当】

  • 2車連:複 1=2 550円 単 2-1 880円
  • 3連勝:複 1=2=5 3,920円 単 2-1-5 9,790円
  • ワイド:1=2 340円 1=3 1,180円 2=5 890円

【レース概要】

小林優香が先行逃げ切りを狙った高木真備を指して優勝しました。

途中まではまったく動きがありませんでしたが、突然動き出したレースにうまく対応した形です。この大会は通算3度目で、いずれも完全優勝で制しています。

◆2016年(第3回)梶田舞選手

【レース結果】

【配当】

  • 2車連:複 1=4 770円 単 4-1 1,670円
  • 3連勝:複 1=4=7 2,210円 単 4-1-7 9,570円
  • ワイド:1=4 350円 1=7 730円 4=7 620円

【レース概要】

序盤は長澤と奥井が前に出ましたが、終盤になると小玉が前に出て、それに中川がついていく展開。児玉、中川とのマッチレースと思われたレースでしたが、後ろからうまく差した梶田舞が制しました。

◆2015年(第2回)小林優香選手

【レース結果】

【配当】

  • 2車連:複 5=6 2,490円 単 5-6 2,770円
  • 3連勝:複 4=5=6 4,770円 単 5-6-4 18,500円
  • ワイド:4=5 620円 4=6 2,160円 5=6 580円

【レース概要】

小林優香選手が持ち前のスピードで2連覇を達成しました。先行逃げ切りを図った奥井を振り切り、最後は小林莉子とのマッチレースを制しました。

2014年(第1回)小林優香選手

【レース結果】

【配当】

2車連:複 5=7 830円 単 5-7 1,130円
3連勝:複 5=6=7 9,530円 単 5-7-6 21,890円
ワイド:5=6 1,290円 5=7 270円 6=7 2,510円

【レース概要】

山原、加瀬、石井との目まぐるしい先頭争いのなか、ぐんぐんまくってきたのが小林優香
最後は石井との競り合いを制して初代女王に輝きました。

夏の祭典!ガールズケイリンフェスティバルを楽しもう!

ガールズケイリンフェスティバルは、その年に活躍している選手が並ぶまさにお祭りのレースです。

しかし、女同士の真剣勝負を楽しむことができる、見ている側にとってはワクワクしたレースが続きます。

この真夏の祭典、見るだけでも十分面白いですが、お気に入りの選手を応援する意味で観戦するとさらに楽しめます。

参考

記事をシェアしよう

関連記事