競輪コラム

女子競輪の女王が決まるガールズグランプリ!選抜方法や賞金、歴代の優勝選手も紹介

※お知らせ※
●ガールズグランプリ2020の出場選手が決定しました。(2020年11月20日(金))
【速報】ガールズグランプリ2020 出場選手発表!!


ガールズグランプリは、男子競輪でいえば「KEIRINグランプリ」に相当するレースで、競走の格付けでいえば特別競走(F2)に分類されます。

当レースは「グランプリ」という名称のとおり、出場できるのはその年におこなわれたレースにおいて好成績を収めた選手7名のみ。
ガールズグランプリの魅力は、当日の一発勝負で決まる緊張感です。

また、賞金もほかの大会に比べて多いので、ガールズ選手であれば誰もが憧れるレースともいえます。

本記事では、女子競輪の女王が決まるガールズグランプリの選抜方法や賞金、歴代の優勝者などを紹介していきます。

ガールズグランプリとは?

ガールズグランプリとは毎年12月28日におこなわれるレースで、2012年からはじまった、その年の年間女王を決める特別競走です。
男子競輪の年間王者を決定する「KEIRINグランプリ」の初日最終レース(第11レース)でおこなわれます。

正式な呼称は「ガールズグランプリ〇〇(西暦年)」です。なお、2015年の第4回からはオッズ・パーク株式会社が協賛スポンサーとなったので、現在は「オッズパーク杯ガールズグランプリ〇〇(西暦年)」となっています。

ガールズケイリンの年間女王が決まるレースで、毎年注目が集まりやすいレースです。

以下では、選手の選抜方法からガールズグランプリの賞金、レース概要などの詳細を説明していきます。

ガールズ競輪 画像

ガールズグランプリの出場選手はどうやって決まるの?

女子競輪のトップを決めるガールズグランプリ。出場する選手はどうやって決まるのでしょうか。

選考の概要については次のとおりです。

  • 選考期間:当年1月~11月下旬(ガールズグランプリトライアルレース最終日まで)
  • 最低出走回数:40出走
  • 選考:毎年11月
  • 開催月:毎年12月28日
  • 選考選手数:7名+補欠1名の計8名

また、女子選手のうち品性・技能ともに優秀な選手を、以下の基準により運営調整部会において選抜します。

選抜方法について

  • 東京オリンピック自転車競技トラック個人種目メダル獲得者
  • ガールズグランプリトライアルレース(トパーズ・アメジスト)の各優勝者(2名)
  • 運営調整部会がとくに認めた選手
  • 選考期間内の選考用賞金獲得額の上位者

選手の選抜方法については、2021年も同一の基準が適用されます。

補欠選手の選考について

正選手の選抜方法に準じ、正選手を除いた上位選手から順次選抜します。

ガールズグランプリトライアルレースについて

2018年からは、毎年11月下旬に北九州市の小倉競輪場の競輪祭(朝日新聞社杯競輪祭)でおこなわれる、ガールズケイリントライアルレースが「ガールズグランプリトライアルレース」として、グランプリ出場者の決定戦という形でおこなわれるようになりました。

当年1月~8月を選考期間(最低出走回数;32出走)として、選考基準を満たした選手のなかから選考用賞金獲得額上位者から
グループA(トパーズ):14名
グループB(アメジスト):14名の計28名を選出し、それぞれの決勝レース優勝者がガールズグランプリ出場権を獲得します。

車番決定方法について

選考順位順に1番~7番を決定します。選考順位の決定方法は以下のとおりです。

  • ガールズグランプリトライアルレース優勝者(優勝者の序列は、選考期間(当年1月~トライアルレース最終日)内の選考用賞金獲得額順とする)
  • 運営調整部会がとくに認めた選手
  • 選考用賞金獲得額

ガールズグランプリの賞金

ガールズケイリンがはじまったのは2012年7月1日からです。第1回は、はじまって間もない時期の開催だったこともあり、優勝賞金も500万円と少額でした。

第2回は700万円、第3回から第7回までは1,000万円と増額されてきました(副賞を含む)。なお、2019年の第8回からはそれぞれの着順でさらに1%ほど増額されています。

そして直近となる第8回の賞金は、以下のとおりです。

  • 1着 1,005万円(副賞500万円を含む)(※)
  • 2着 102.6万円
  • 3着 51.5万円
  • 4着 40.4万円
  • 5着 35.3万円
  • 6着 32.3万円
  • 7着 30.3万円

※1着に入った選手には、協賛のオッズ・パーク株式会社よりレクサス・UX250h version L(新車価格約520万円)が副賞として贈呈されました。

年間女王を決める大会だけあり、女子競輪のレースのなかでも高額な賞金です。

ガールズグランプリのレース概要

ガールズグランプリは、男子競輪の年間王者を決定する「KEIRINグランプリシリーズ」の初日(毎年12月28日)最終レースにておこなわれます。

以下、ガールズグランプリがおこなわれる初日のレースプログラムです。

【レースプログラム】

  • 第1レース~第9レース:寺内大吉記念杯競輪「予選」(※)
  • 第10レース:寺内大吉記念杯競輪「初日特選」(※)
  • 第11レース:オッズパーク杯ガールズグランプリ

※第1レース~第10レースは、すべて男子競輪のS級選手のみ出場。

ガールズグランプリ歴代の優勝者

ガールズグランプリは、昨年(2019年)まで8回おこなわれています。
その年の年間女王を決める大会ですが、これまでどのようなレースがおこなわれてきたのでしょうか。

以下では、昨年までにおこなわれた全8回分の結果と配当・レース概況を簡単に解説していきます。

◆2019年(第8回)児玉碧衣選手

児玉碧衣選手

【レース結果】

【レース概要】

序盤は奥井迪が先頭で進みます。
打鐘後もしばらく変わらなかったものの、児玉碧衣が6番手から徐々に上がり、小林優香の後ろをマーク。2コーナーから仕掛けた小林にうまく対応し、児玉が捲る。最後はそのままスピードで押し切って、児玉が史上初の連覇を達成しました。

◆2018年(第7回)児玉碧衣選手

【レース結果】

【レース概要】

けん制状態が続いたレースを制して、児玉碧衣がグランプリ初優勝を飾りました。
スローペースの展開にしびれを切らして高木真備が仕掛けるも、最後は力尽きて3着。
2着には、ずっと児玉をマークしていた石井貴子が入りました。

◆2017年(第6回)石井寛子選手

石井寛子選手

【レース結果】

【レース概要】

最後まで奥井迪長澤彩と並走となるも、最後はうまく差し込んだ石井寛子がレースを制しました。奥井は終始先行して、優勝に迫るも最後は勝ちきれずに2着。
3着には、奥井とは被ったものの石井をうまく追走した梶田舞が入りました。

◆2016年(第5回)梶田舞選手

【レース結果】

【レース概要】

打鐘から上昇して主導権を握った奥井迪が最終ホームまでリードします。しかし、3番手から梶田舞
が直線で逆転して2年ぶりの優勝を飾りました。児玉碧衣は後方から捲りを狙ったものの、力負けで3着。

2015年(第4回)小林優香選手

小林優香

【レース結果】

【レース概要】

小林優香が最後に捲って初優勝。2度目の挑戦ではじめて女王に輝きました。
奥井迪がトップで進んだレースは、奥井の後ろがもつれたものの、3番手からスパートを掛けて見事にゴール。2着に入ったのは、小林優香をマークしてうまく追い上げた石井寛子
3着は、小林優香から石井寛子マークに切り替えた小林莉子が入りました。

◆2014年(第3回)梶田舞選手

【レース結果】

【レース概要】

打鐘から一気に出た山原さくらが、後続を4車身以上はなして大きくリード。しかし、後続から加瀬加奈子が一気に上がり、3コーナーで捲ります。
このままいくかというところでしたが、最終バックストレートで梶田舞が追い込んで1着で先着。2着は加瀬加奈子、先行した山原は力尽きて7着でした。

◆2013年(第2回)中村由香里選手

【レース結果】

1着 中村由香里
2着 加瀬加奈子 1/8車輪差
3着 石井寛子 2車身差

【レース概要】

残り一周で外から加瀬加奈子中村由香里が前に出て、激しい先頭争いをおこないます。
最後は後ろから差し込んだ中村が初優勝。加瀬は悔しい2着、3着はずっと2人をマークしてきた石井寛子が入りました。

◆2012年(第1回)小林莉子選手

【レース結果】

【レース概要】

残り1周半のところで先行して、主導権を握ったのが加瀬加奈子。後ろには小林莉子がつき、加瀬小林が最後まで先頭を争います。
最後は小林が差し込んで、見事初代女王に輝きました。2着はわずかな差で荒牧が入り、先行した加瀬は3着でした。

今後のガールズグランプリはいつ開催?

今後開催される予定のオッズパーク杯ガールズグランプリ、開催回・開催日・会場の情報は以下のとおりです。

・第9回(オッズパーク杯ガールズグランプリ2020)
開催日:2020年12月28日
会場:平塚競輪場

・第10回(オッズパーク杯ガールズグランプリ2021)
開催日:2021年12月28日
会場:静岡競輪場

インターネット投票のWINTICKET(ウィンチケット)では、ガールズグランプリをスマートフォンやパソコンから気軽に観戦できます。
予想に役立つデータもチェックできますので、ぜひご活用ください。
WINTICKET ライブ実況・中継ページ

女王が決まるガールズグランプリの白熱したレースを見逃すな!

その年に活躍した7人しか出場できないのが、ガールズグランプリです。
グランプリレースだけあって、賞金なども大きく、1着に入ることを目標にさまざまな駆け引きが見られます。

男子顔負けの白熱したレースが見られるガールズグランプリは、これからも見逃せません。

2020年12月に開催されるガールズグランプリでの優勝者は誰になるのかが気になるところですが、楽しみにしておきましょう。

参考


WINTICKET KEIRINグランプリ2020特設ページがオープン!
ぜひあわせてご覧ください。 <WINTICKET KEIRINグランプリ2020特設ページ>

記事をシェアしよう

関連記事