競輪コラム

KEIRINグランプリ2020は新型コロナウイルスの影響で「無観客開催」!?

競輪ファンが一年で一番白熱するKEIRINグランプリ。
今年は新型コロナウイルスの感染拡大からレースは無観客でおこなわれると噂されていました。

しかし、2020年10月に平塚競輪より発表された公式案内では、条件付きで観客を入れてレースが開催されると公表されています。

そこで本記事では有観客で開催されるKEIRINグランプリ2020の細かい条件についてご紹介します。一年のビックイベントでもあるKEIRINグランプリを楽しみにしているファンの方は、ぜひ参考にしてください。

KEIRINグランプリ2020は無観客で開催されるのか?

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、多くのイベントやレースなどが中止や延期を余儀なくされている2020年の競輪界。多くのファンが待ちわびる競輪界の頂点を決めるKEIRINグランプリについて「KEIRINグランプリ2020は開催されるのか?」「観客を入れないでおこなうのか?」と不安の声が広まっていました。

そのようななか、公益社団法人JKAは2020年10月の段階では、2020年12月28日(月)から2020年12月30日(水)に条件付きで開催を予定していると公表しました。

2020年10月8日平塚競輪の発表内容

KEIRINグランプリ2020が開催される平塚競輪公式ホームページの、2020年10月8日に発表された内容では、全国の新型コロナウイルス感染症の動向に注意しながらさまざまな検討がされていました。

『新型コロナウイルス感染症対策要綱』、『競輪・オートレースにおける新型コロナウイルス感染症感染拡大予防ガイドライン』が開催の基準となり、それにあわせて開催される平塚競輪場がある神奈川県の『新型コロナウイルス感染症対策の神奈川県対処方針』を踏まえた上で一定の条件を満たせば、有観客での開催を予定しているという内容でした。

しかし、あくまで10月8日(木)の状況を基準に開催の予定を公表しているため、今後の新型コロナウイルスの全国の感染状況によっては内容が変更になる可能性もあります。

平塚競輪場

神奈川県民2000人に限定して事前抽選を実施

KEIRINグランプリ2020は、10月8日(木)の段階では、有観客ではあるが一定の条件を満たした上での開催です。

その条件とは、神奈川県民2,000人のみを抽選で入場させることです。神奈川県民2,000人という条件の理由は、KEIRINグランプリが12月の寒い時期に開催されることから、室内のモニター前や飲食店コーナー、券売機周辺に人が密集することを懸念して決定されたようです。

現在の状況で予定されている抽選での観客席は以下のとおりです。

  • ロイヤルルーム:16人
  • 特別観覧席:258人
  • メインスタンド1階外:198人
  • 自由席エリア:1,528人

2019年におこなわれたKEIRINグランプリでは、立川競輪場の入場者は1万2,157人の来客があったことを考えると、約6分の1の人数になります。

毎年KEIRINグランプリの観戦を楽しみにしている方には非常に残念ですが、神奈川県民だけの入場でも高い倍率になることが予想されるでしょう。

神奈川県民以外の競輪ファンは電話またはインターネット投票になる

神奈川県民以外の競輪ファンに関しては3つの投票方法を利用してKEIRINグランプリを楽しむことができます。

投票方法は「電話投票」「インターネット投票」「場外車券場」の3つです。このなかでは、とくにインターネット投票が気軽に利用できておすすめです。

インターネット投票の場合はWINTICKET(ウィンチケット)を利用すれば、出走表の確認から車券購入までスムーズにおこなうことが可能で、年末の忙しい時期でも好きなときに投票ができます。仕事納めも終わり、自宅でゆっくりライブ配信を見ながら観戦するのもおすすめです。

また電話投票や場外車券場での投票の場合、非常に混雑することが予測されます。当日に車券の投票ができなかったというような事態にならないためにも、WINTICKET(ウィンチケット)でインターネット投票をしてみてはいかがでしょうか。

佐藤慎太郎選手

KEIRINグランプリ2020の応募方法と期間について

今年開催されるKEIRINグランプリは応募して当選しない限り、白熱するレースを生で見ることはできません。応募期間中に所定の形式で応募する必要があります。

以下にKEIRINグランプリ2020の応募方法と期間を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

抽選が外れてしまった方や神奈川県民ではない方は、ぜひWINTICKET(ウィンチケット)のライブ配信を視聴してKEIRINグランプリ2020を楽しみましょう。

KEIRINグランプリの応募方法

応募方法は「インターネット経由の応募」と「応募用紙を書く方法」の2種類があります。

インターネット経由の応募は、平塚競輪の公式ホームページ内に設置してある応募フォーム
にアクセスして、必要な情報を入力することで応募ができます。もちろんスマートフォンからでも専用フォームにアクセスして応募が可能です。

また応募用紙を書く方法は、応募期間中に平塚競輪場の正門インフォメーションに設置してある用紙に必要事項を記入して応募箱に投函すれば完了です。自宅から近い方には便利ですが、神奈川県民でも遠方の方には難しいかもしれません。

今年の頂点を決めるKEIRINグランプリ2020の白熱した戦いを生で観戦したい方は、ぜひ応募してみてはいかがでしょうか。

KEIRINグランプリの応募期間

KEIRINグランプリ2020への応募期間は、2020年10月8日(木)から11月23日(月)です。

当選者には、11月27日(金)以降に記入した住所に当選通知が発送されますので、発送をもって当選となります。そのため、応募しても記入した住所に当選通知が届かない場合はハズレということです。

また、当選して競輪場に訪れる際は、平塚競輪公式ホームページに記載の感染対策の注意事項をしっかりと守りましょう。

当選した場合の注意ポイント

当選した場合、実際に平塚競輪場を訪れる前に以下のポイントに注意しておきましょう。

  • 新型コロナウイルス感染状況によっては、内容が変更して無観客になる場合がある。
  • 無観客開催への変更で生じた交通費・宿泊料などのキャンセル料などは個人負担。
  • 入場する際は、氏名・住所が確認できる公的な身分証明書類(免許証、運転経歴証明書、マイナンバーカード、健康保険証、住民基本台帳カード、各種福祉手帳など)の提示が必要になる。
  • 場内で実施する新型コロナウイルス感染症防止対策に協力しない場合は、入場を断られる場合がある。

盛り上がること間違いなしのKEIRINグランプリ2020ですが、新型コロナウイルスの感染を広げないためにも、マスクの着用・アルコールによる消毒・体温測定はしっかりとおこなってください。

新型コロナウイルスの影響は公式ホームページをチェック

2020年12月28日(月)から30日(水)まで開催するKEIRINグランプリ2020は競輪ファンの年納めといってもいいビックレースです。

今年も、数多くのレースで好成績を残した選手が多く集まり、S級S班の頂点を決めるにはピッタリの戦いになるでしょう。そのなかでも、賞金ランキング上位の『松浦選手』『脇本選手』『清水選手』のバトルには注目です。

今年のKEIRINグランプリ2020は新型コロナウイルス感染拡大を防止するために中止も検討されましたが、なんとか条件付きの有観客で開催予定になります。

しかし、12月までの感染状況によっては、無観客レースに変更もしくは入場者の削減になる場合もありますので、しっかり平塚競輪公式ホームページを確認してください。

今年も生でKEIRINグランプリを観戦したい方は、ぜひ平塚競輪の公式ホームページより応募方法を確認して応募してみましょう。万が一ハズレてしまった場合は、WINTICKET(ウィンチケット)のライブ配信でゆっくりと応援するのもおすすめです。

参考 : WINTICKET 競輪勉強シリーズ

記事をシェアしよう

関連記事